モクズガニは河川でみられるカニで

モクズガニは河川でみられるカニで、鋏が特徴的で、毛が生えているのが観察されます。甲羅が掌より少し小さいサイズなのですが、そうである割には脚の方に着目すると、長いことが特色です。殆どが蟹のお味噌汁であったり、炊き込みご飯であったりといった形で口にされます。近頃あちこちの番組でかにを食べるシーンばかり見せられて、何とかかにが食べられないかと探した結果、通信販売のかになんてそれほど美味しいはずはない、と思いながらも申し込むことにしました。冷凍の状態によってはかなり味が落ちることもあるようですが、そんなこともなく、とても美味しかったです。考えると嘘みたいですが、インターネットなんてちょっと前にはありませんでしたよね。でもそんな頃でも現在と同じように通販でかにを買えたとは驚きですが、昔は実物を見ることなく買わなければならない通販でかにを買うのが一般的ではなかったこともあり、物好きな人が通販でかにを買ったのはいいのですが、評判が悪かったり、味に満足できないなんていう噂があったりしました。ただ、現代は淘汰の激しい時代であり、そんな中生き残っているかに通販のかにが美味しいのは、当然です。味は私が保証します。モズクガニをご存じですか。実は、あの上海ガニと同族になるかにです。上海ガニと異なり、背中に細かいまだら模様があり、成長しても甲幅8cmほどで、丸のまま利用できるかにです。多くは、成体で170から180グラムになるといわれています。そして、雌より雄の方が小さいというのが一般的です。丸ごと使えるかにとして、日本では昔からよく使われています。
こちらもおすすめ>>>>>訳あり カニ 函館がオススメ!