こうすれば

こうすれば、見栄えはやや劣っていたとしても、蟹が安く食べられるベストな方法です。ズワイガニのメスはセコガニという名称で呼ばれることがあります。地域によっては、セイコガニまたは香箱ガニと呼ばれることもあります。美味しいカニ味噌は雄でも味わえますが、通常脚の身が好まれることが多く、ゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋に入れて食します。一方、小ぶりなセコガニは脚の身も少ないですが、味噌、内子、外子の間が絶妙なバランスで、大方は、そういった部分を湯がき、珍味として食べます。かにの種類はいろいろありますが、最もおいしいのはどのかにかという話題になりますが、答えはいつも決まっています。ズワイガニです。ズワイガニは、産地が直接かにの名前になるというそれぞれの地域を代表するかになので、鳥取に松葉ガニあり、福井に越前ガニありで、有名な産地のズワイガニを探せば、ブランドに恥じないおいしさです。少々お高いのはブランド料だと考えてください。ブランド品のかには味噌もおいしいとすすめています。蟹の種類の一つである渡り蟹。ワタリガニ科に分類される大型の蟹で、ガザミともいい、かつては東京湾でも獲れたそうです。現在では有明海や瀬戸内海といった浅海に生息します。近年、国産品は貴重になってきています。甲羅の部分だけで15センチメートル以上になる大型の蟹ですが、殻は比較的薄く、最高の美味として知られるメスの卵巣のほか、身肉や蟹ミソも大変美味しいことから、特に瀬戸内海では蟹といえばガザミ(渡り蟹)を指すほど代表的な蟹です。様々な食べ方が楽しめる渡り蟹。中でも茹で蟹や蒸し蟹にして食べるのが基本的な楽しみ方です。また、パスタや味噌汁など様々な料理に活かせる万能の蟹といえます。
こちらもどうぞ⇒おせち オイシックス 2018なら